椎間板ヘルニア-治療・手術・症状
椎間板ヘルニア-治療・手術・症状

椎間板ヘルニアとは?

椎間板ヘルニアとは?

 

椎間板ヘルニアについて説明しますね。椎間板ヘルニアという病気を聞いたことがありますか?私もなんとなく椎間板ヘルニアと言う病気の名前を聞いたことがあるのですが、椎間板ヘルニアは一度なってしまうと大変な病気のようです。椎間板ヘルニアは骨の病気なのですが、骨といっても背骨の病気のようです。

私達の背骨というのは何本の骨から出来ているのか知っていますか?私達の背骨って24本の骨から出来ているんですよね。それで骨と骨は椎間板と言う真ん中に挟まる柔らかい骨が挟まっています。

この柔らかい骨の椎間板が何らかの原因によってあるべき場所から飛び出してしまう症状を椎間板ヘルニアといいます。

これが飛び出しただけならいいのですが、とびだした椎間板が神経に触るととっても痛いそうです。痛くて痛くて耐えられないくらい痛いようで、時にはわき腹の痛みを引き起こすこともあります。これが椎間板ヘルニアです。

椎間板ヘルニアはもちろんそのままにしておいても自然に治癒しません中身を正しい位置に戻す治療が必要になってきます。


椎間板ヘルニアの手術

椎間板ヘルニアの手術

 

椎間板ヘルニアの手術について紹介しますね。椎間板ヘルニアには良性や悪性といった種類があるようです。そして世間のに多い椎間板ヘルニアの症状の人の多くは、良性の椎間板へルニアだそうです。しかし、中には悪性の椎間板ヘルニアの症状の人もいます。


椎間板ヘルニアの手術をしなければならない人というのは、悪性の椎間板ヘルニアの人が多いと言われています。椎間板ヘルニアの手術は普通の椎間板ヘルニアなら自然治癒しますから治療しながら治すことが出来るのですが、悪性の椎間板ヘルニアの場合は椎間板ヘルニアの手術をいないといけないことになるようです。椎間板ヘルニアの手術をしないといけない人は、ヘルニアの症状が十度で尿をしたり、便をすることが難しいくらいの重度の人です。他にも、椎間板ヘルニアの手術が必要な人はとても強い痛みが日常的に常にあって、耐えられない人も必要です。


また下半身が麻痺してしまうほどの重度の椎間板ヘルニアの人も手術が必要となってきます。自然治癒の期待が見込めない人や、治療をこのまま続けても改善がされない場合には椎間板ヘルニアの手術を受けるようにお医者様からすすめられるといわれています。


椎間板ヘルニアの治療

椎間板ヘルニアの治療

 

椎間板ヘルニアの治療について紹介します。実は椎間板ヘルニアの治療はこれといって決まりがありません。というのも、椎間板ヘルニアの治療は個人個人によって椎間板ヘルニアの症状が違っていると思うのですがその症状にあわせて椎間板ヘルニアの治療が行われるようです。


椎間板ヘルニアの基本となる治療方法は保存療法と言うもので、この方法で椎間板ヘルニアの治療によって効果が出ないときには、手術をしたりするとされています。椎間板ヘルニアの治療方法には、手術と言うものもありますが、手術を行う場合はよっぽど症状がひどいときだと考えたほうがいいかもしれませんね。普通は椎間板ヘルニアの治療を行っていればだいたい半年くらいでよくなると言われています。


最近では保存療法と手術との間の椎間板ヘルニアの治療法として、レーザー治療と言うものもあります。この場合は、保険の適応外になるので自費で治療を受けることになるようです。しかし、今とても有効な治療法だといわれています。


椎間板ヘルニアのレーザー治療

椎間板ヘルニアのレーザー治療

 

椎間板ヘルニアのレーザー治療について紹介したいと思います。椎間板ヘルニアのレーザー治療ですが、椎間板ヘルニアのレーザー治療が日本で始まったのはまだごく最近のことと言われています。椎間板ヘルニアのレーザー治療が日本で始まったのは1992年からです。


この椎間板ヘルニアのレーザー治療は椎間板ヘルニアの治療方法である保存療法と、患部を切除したり切開したりして行う椎間板ヘルニアの手術の間の治療方法とされています。椎間板ヘルニアのレーザー治療がどのように椎間板ヘルニアの症状に効くのかというと、出てきてしまった椎間板の部分があると思いますが、それが神経に当たって痛みを感じると思うので、出てしまった椎間板をレーザーを当てて小さくすると言う方法です。


だいたい椎間板のレーザー治療にかかる時間は10分くらいと言われていますが、実はこれはどんな症状にも効果があるとはいえないのです。そして椎間板ヘルニアのレーザー治療は保険がききませんから、自費での治療になり、しかも値段は40万円弱かかる場合もあるようです。


椎間板ヘルニアの症状

椎間板ヘルニアの症状

 

椎間板ヘルニアの症状について紹介します。椎間板ヘルニアの症状と聞くととっても痛くて辛いイメージがありますよね。その通りです。椎間板ヘルニアの症状は激痛が有名です。椎間板ヘルニアの症状で自分で気がつくばあい、ちょっとしびれている感じがしたり、おしっこが出にくくなったり、運動神経が麻痺したりして気がつくようです。


椎間板ヘルニアの症状といっても、人それぞれで、椎間板ヘルニアの症状が軽い人、重い人色々いると思います。簡単に椎間板ヘルニアの症状で自覚できるのものを紹介しますが、まずが、同じ姿勢をしていると耐えられないという症状や、立っていることがしんどいと感じることもあるようです。また椅子に座っていた立ち上がるときに痛くて立ち上がれないこともあるようです。


重症の椎間板ヘルニアの症状としては、便秘になったり、便を出しづらくなる、他にも、尿を出しにくくなったり、トイレに頻繁に行くようになるなどの症状があるようです。椎間板ヘルニアの症状が少しでも出ている場合は放っておかないで病院へ行ったほうがいいでしょう。